MENU

免疫力 高める サプリ

腸内フローラや腸内環境が重要視されています
腸内環境に免疫細胞の7割が存在すると言われています
日常のストレスや健康管理不足による体力の低下は免役脂肪の不活性化にも起因します

 

腸内環境の腸内細菌をうまく整え
善玉菌や悪玉菌のバランスが2:1の最適指数位なる比率を日頃から意識して生活習慣病をなくしましょう

 

腸管内の善玉菌は乳酸菌などの有用菌を活性化します
活性化した有用菌は、悪玉菌をやっつけ大腸や小腸などの腸管内を綺麗にしてくれます

 

お腹にウンチが溜まるとガスが良く出ますが、腐敗した大便はできるだけ外に出すほうが衛生的です

 

 

乳酸菌は加齢で減少することで有名です
赤子の時には99%に近い比率で生息しているビフィズス菌は

 

年とともに減少し
今ではほんの少しだけ物を考えるのを好きになった気がします

 

便秘 サプリ ランキングをたくさん調べ

 

一番自分の腸内環境に適した乳酸菌が見つかれば良いのでしょ

 

最近は腸内フローラブームとも言われるほど腸内環境や腸内細菌の話題が多くなっています

 

腸内環境のバランスを整える乳酸菌サプリを利用して

 

腸管内の有用菌を活性化させ増やすことが大切です

 

善玉菌を元気にするには水溶性食物繊維の摂取が大切です

 

昆布やわかめ類は善玉菌のエサになり善玉菌を活性化してくれます

 

善玉菌の数が増えれば、免疫力も高まり【体の免疫細胞は腸内環境に70%あると言われています】

 

インフルエンザなどにかからない健康体を維持しましょう

 

いろいろある乳酸菌を偏りなく摂る必要あり

乳酸菌は、腸内の環境を良い方向に保つ「善玉菌」の代表格として最も馴染のあるものです。

 

腸内には、数百種類もの細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、壁面に生息しています。
この様子を腸内フローラと呼びますが、乳酸菌を代表とする善玉菌が優勢になると、善玉菌が作り出す乳酸や酢酸の力によって腸の内部は弱酸性に保たれます。

 

腸の内部が弱酸性になると、酸が腸の動きを促し、排便がスムーズに行われる事になります。

 

一方、悪玉菌が優勢になった腸内はアルカリ性に偏っています。
アルカリ性に偏った大腸は、便を送り出す力が弱まってしまい、便秘の原因となります。

 

便秘が解消せず、腸内に長く留まった便はますます腐敗し、よりアルカリ性に傾くと言う、悪循環を生み出すのです。

 

便秘を解消するためには腸内フローラを弱酸性に傾けさせるために乳酸菌を増やすのが一番です。

 

しかし、ただ摂取すればいいというものではありません。

 

乳酸菌にも様々な種類があり、その数は350種類ほどと言われ、それぞれが異なる働きを持っています。

 

特に人間の腸内に適しているもの、そうでないものもあり、また個人によっても不足している乳酸菌の種類は変わってきます。

 

同じ種類の乳酸菌ばかりを摂取していると、腸内環境に偏りが生じてしまいます。

 

太りやすい、やせにくいなどの体質の悩みがあり、乳酸菌を積極的に摂っているにもかかわらず改善しない、という場合は、腸内環境が偏っているのかもしれません。

 

その場合、摂取する乳酸菌の種類を変えてみるなど、変化を持たせる必要があります。

 

一度偏ってしまった腸内環境を改善するのはなかなか大変です。

 

バランスの良い食事を心がけるのと同様、乳酸菌もバランスよく摂る事が大切です。

 

自分の腸が必要としている乳酸菌はどれなのか、いろいろ試してみるのがお勧めです。

更新履歴